know

みんなが枠組みを超えて連携し、アイディアの卵を孵化させる世界

みんなが枠組みを超えて連携し、アイディアの卵を孵化させる世界

311の後、僕の周りで、何人もの友人が組織を離れて起業しました。

彼らが組織から離れた理由は、社会システムへの違和感。そうせざるを得ない思いを抱えて、全くの丸腰でビジネスの世界へ飛び出していきました。

しかし、収益化するためには、いくつかのステップを踏む必要があります。

・自分が提供できる価値は何か

・それをどうやって表現するか

・表現したものをどうやって顧客へ伝えるのか

これらの要素が揃わないと、収益化への一歩を踏み出すことができないのです。

そして、起業経験のない人が、一人でこれらを揃えていくのは至難の業です。

 

杉岡一樹さんは、311後、自分と社会の認識のズレに耐えられなくなり、会社を飛び出して起業した勇者の一人です。

sugioka

アーティストとして凄いポテンシャルを持っているのにもかかわらず、起業後、収益化への道を描くことができずにいました。

僕は、10年前に起業し、試行錯誤をしながら、なんとか自分が生きていくだけの収入を得ることができるようになってきました。

丸腰で飛び出した勇者を見殺しにすることはできないので、なんとかして杉岡さんをサポートする方法がないかを考えました。

それで、自分が10年間で身につけてきたビジネスのノウハウを提供するので、ボランティアで杉岡さんの収益化を手伝ってくれないかと呼びかけました。

友人たちは、一歩踏み出して行動してくれ、アーティストの杉岡一樹さんのサポートチームができました。

 

10人ほどのチームで、杉岡さんの強みを分析し、Webマーケティングを行い、マイシンボルアートというサービスが生まれました。

まだ、道半ばですが、すでに30個以上のマイシンボルアートが誕生し、収益化の道が見えてきました。

 

杉岡さんの収益化プロジェクトは、杉岡さんのためだけはありません。世界をフラットへしていくための1つの試みなのです。

みんなが自分の仕事の外へ一歩踏み出して誰かを助けることによって、フラットなネットワークができます。

そのネットワークこそが、お金に勝るセーフティネットであり、セーフティネットがあれば、必要以上にお金のために働かなくてもよくなるはずです。

ネットワークでつながったチームの中に、様々な試行錯誤を通してインキュベーターとしてのノウハウが蓄えられていけば、お互いに助け合って金の卵をかえしていくことができるでしょう。

また、それは、新たな勇者を生み出す原動力にもなるはずです。

 

エインも、全く同じ思いでNoovoをスタートさせました。

フラットな社会を目指す僕たちのチームと、エインのNoovoの活動は、完全にシンクロしています。

僕たちのチームと、Noovoが連携することで、お互いにもっとパワーアップできると思います。

だから、Noovoも応援したい。

Noovoの力が必要になるときが必ず来るはずです。

 

Noovo物語4

 

発想/思想(idea)をインキュベートする

私と歳の近いたくさんの人々が、社会や大学だったり、同調圧力とどうにか折り合いをつけようとするばかりで、自分自身の何か大切なもの(something)を作り出すには至っていない。色々な人たちが、夢を追い求めたり自分自身の何か大切なものを作り出すのは、不確かな未来が付きものだと言う。ではそれを止めれば、確かな未来が待っているというのだろうか。


教育者でありCEOでもあるマサトと話をすると、彼の周囲にはフツーでない人がやたらいて、彼ら自身の何かを作ろうと苦闘しているという。そしていかにたくさんの人たちが、そこから十分な収益を得るのに苦労しているか、そんな話題がよく出る。聞きながら自然と、その人たちの仕事を動かし、そこからブランド/ビジネスを作り出す方法を考えついた。本当に面白いアイディアを持っている人がこんなにいるのだから、あまりに限定されていて単純なビジネス・インキュベーターがやりそうもない、そういうビジネス・インキュベーターのひとつくらい作ってやろうじゃないか。私が求めるインキュベーターとは、アイディアを育むものだから、まず自分で立ち上げることにした。何日か前に、初のプロジェクトになる、Knowcloud(Know)を作ることが決まった。Knowcloudこそ、私とマサトが話し合っていたアイディアであり、自己組織化された問いに基づく学びのための「ポータル/入口」(portal)、そこではマシン上で/実際(virtually)に知識をマップ化する。私たちはプログラマーを探してきたが、やっと最近、Naito Ryokoと知り合った。いざ立ち上げとなれば、学びたくても学べない人々が暮らす地域も巻き込んで拡散していく方法が見つけ出さなくてはならない。現時点では、これは単なる想像の産物(idea and imagination)にすぎない。しかし現に、そうした思想(アイディア)があるからこそ発想(アイディア)があり、そしてそれを作り出す方法も見つけられるはずなのだ。

(原文:INCUBATING IDEAS

 

Noovo物語5へ進む

★エインさんがクラウドファンディングに挑戦中です。
締め切りまであと9日。
達成金額7000USD, 現在920USD
https://www.indiegogo.com/projects/noovo-a-brand-building-startup/x/9455632

facebooktwittergoogle_plusby feather
No Comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *