ƒvƒŠƒ“ƒg

KnowCloud

KnowCloudのアイディアは、エイン・アネとの会話の中から生まれた。

アーティストの母を持つ彼女は13歳でイギリスのプライベートスクールを飛び出し、それ以来、社会の中で創造するために学び、学んだことを使って創造している。学校という不自由な世界に我慢がならなかったのだそうだ。

ein

 

彼女がLearningに対して抱いているイメージは、冒険そのもの。

それは、彼女が作った動画を見てもらえばすぐに分かると思う。

 

世界を自分で冒険するように学ぶことをサポートするシステムを作れないか?

こんなことを考えて、2人でいろんなアイディアを練ってきた。

そして、あるとき、コアになるアイディアが生まれた。僕たちは、そのアイディアにKnowCloudという名前を付けた。

 

プロトタイプを作るためにサーバーをレンタルし、エインがプロトタイプを創りはじめた。

しかし、そこで、僕のほうがストップしてしまった。

「ビジネスモデルはどうする?」

「キャッシュポイントはどうする?」

というところで立ち止まってしまったのだ。

 

あれこれ悩んで考えた末、出した結論は、

キャッシュポイントについては考えずに、本当に役立つものを作る

というものだ。考えても考えてもキャッシュポイントを作ることと、KnowCloudの理想とが折り合わなかったので、まずは、KnowCloudを創ることを決断した。

決断したら急に心が軽くなった。

 

鋭い視点と深い思考力を持つWeb屋の内藤涼子さんと、統計に強くシステム開発の経験もある福田美誉さんという強力な2人が仲間に加わってくれた。

KnowCloudが成長するためには、僕も含めて、プロジェクトに関わる全ての人が成長しなければならないが、それこそが望んでいることだ。

 

KnowCloudとNoovoは、自由な人たちが生きられる世界を創造するための車輪の両輪だ。

KnowCloudで創造的に生きるための学びを支援し、Noovoで創造的に生きることを支援する。

 

もし、僕たちの活動に真・善・美が備わっているとしたら、僕たちの活動は成長できるだろう。

だから、真・善・美を徹底的に追及しようと思う。

 

KnowCloudは、2015年に発芽する。