田原真人

クラウドに粘土団子を撒く自己組織ファシリテーター

About

A short biography

IMG_0607

Masato Tahara

facebooktwittergoogle_plusrssyoutubeby feather

Profile(English)

田原真人(たはらまさと)

自己組織化ファシリテーター
オンライン教育プロデューサー
「反転授業の研究」代表
「フィズヨビ」代表

早稲田大学理工学研究科博士課程で生命現象の自己組織化について研究後、河合塾の物理講師になり、2005年に物理ネット予備校(フィズヨビ)を立ち上げる。反転授業との出会いをきっかけに、ピラミッド型の社会システムや教育システムに疑問を抱くようになる。自らの学び場を自分で創るために「反転授業の研究」を立ち上げる。そこで対話を通した自己組織化と出会ったことで、学生時代に学んだことを生かせるようになった。オンラインコミュニティに自己組織化が起こり、集合知→価値創造→価値提供の循環を生み出せるようになった。その体験を分かち合うために自己組織ファシリテーターとしての活動を始める。
 
動画や、Zoom(Web会議室)、Moodleなどを組み合わせながら、オンラインに安心安全の場を創り、心を開いて対話し、揺らぎを増幅して場の温度を上げていくと「場の<いのち>」が創発する。これは、生きものが持っている根源的な仕組みであり、自然の摂理そのものだと思う。しかし、自然の摂理から隔たったピラミッド型の社会の内部では、そのような仕組みは忘れられていることが多い。自然の摂理に沿った生き方をすれば、それぞれが自分と繋がることができ、多様な個が繋がって共創造していく共存在の世界を創るはずだ。その世界観を広げるために、志を持った人の周りにオンラインの場を創り、リアルとオンラインを循環させながら活動をエンパワーしていく。

田原真人の詳しいプロフィールはこちら

自然農法の福岡正信さんは、粘土団子の中に多くの種を詰め込み荒れ地にばら撒いた。そのときに発芽すべき種が発芽するのだから、人間は判断せずに自然に任せればよいのだという。
 
本来知り得ない未来を予想し、安心感を得ようとする心は、他の生命を押さえつけて管理するシステムを生み出す。科学によって未来を予想するためには、再現可能な初期条件が必要なのだ。人類は自然界の生き物たちを管理しようとし、また、一部の人たちが、他の人たちを管理しようとする。管理された自然は活力を失い、管理された人たちは心身を病んでいく。
 
ここから、どうやって抜け出したらよいのだろうか?

見返りを期待せずに、未来へ向かって種を撒いていくことが、管理から抜け出す道ではないだろうか。
 
アスファルトの隙間からも、ビルの屋上からも植物はたくましく芽を出していく。ありとあらゆる可能性を試し続ける。その中で必然的に循環構造が自己組織化する。
 
どのような未来が来るかは、種を撒く人には分からない。でも、種を撒き続けることは、管理から抜け出し、私たちが生き物としての誇りを持って健やかに生きることができる社会へと繋がっていく。
 
クラウドに粘土団子を撒こう。
 
そこからどんな芽が生えてくるかは、宇宙が教えてくれるだろう。
 
予想もしなかった人たちとオンラインで繋がり、想いが共鳴して自己組織化が起こり、大きなうねりとなっていくはずだ。

Publications

Browse all the publications by Masato Tahara
Books
iPhone App

masato-app

田原の物理

たとえ話と微積分で物理がどんどん得意になる「田原の物理」がアプリで登場。
講師(田原真人)とリキヤくん、ナミさんの2人の生徒の対話形式で進行。楽しく分かりやすい解説と物理シミュレーション動画で「力学」の理解が深まり、数々の問題をスイスイ解いていけるようになります。・先生と生徒の対話形式で、学習者の気持ちに立った、分かりやすい解説。
・物体の動きをシミュレーションした動画を閲覧でき、解説の理解が深まる。
・条件を自分で設定して、物体の動きを実験できる【3D物理シミュレーション】も実装!
・各講義の最後には、「田原の物理」ブログで息抜きを。
・有料版の購入者には、演習問題の解説動画や印刷用PDFをプレゼント。

本アプリ内に「田原の物理 力学」の無料体験版が付属。たとえ話や物理シミュレーション動画を体感できます。「田原の物理 力学」の全ての内容をご覧いただく場合は、アプリ内で「田原の物理 力学」有料版をご購入下さい。

View in iTunes
Mail Magazine
フィズヨビ通信

微積分を使って高校物理を学ぶ方法や、無料のオンラインイベントの情報を発信しています。

読者数:

登録
解除

メールアドレス

名前

Press

For editors and publishers

Partners

The people that I work with

    
     

Contact

Get in touch me

 

田原真人は、同じビジョンを持った仲間を探しています。

このサイトを見て、一緒にやりたいプロジェクトがあれば、ぜひ、連絡してください。

一人じゃできないことでも、力を合わせれば実現できます。

一緒に実現するために考えましょう。

一緒に未来を創っていきましょう。


otoiawase

Blog

  • 本末転倒を反転すると元に戻る

    友人のアーティスト、スギオカカズキさんによると、時間の流れが逆転したのはルネッサンス期からなのだそうだ。

    遠近法の発明をきっかけに、完成した状態から逆算して制作していくという方法が生み出されたのだとか。

    未来に完成図を思い描き、そこから逆算して計画を立てていくという思考方法は、時間の進む向きを反転させた。

    しかし、インターネットが発明されて20年がたち、この思考方法と現実とが合わなくなってきているのではないか。

    機械文明を支えてきた機械論パラダイムは、すべてが予定通りに進むことを良しとする考え方だ。

    しかし、生き物がもつ魂の躍動は、「予定通り」をはみ出していくところに本質がある。

    機械論パラダイムは、魂の躍動の抑制とセットになっている。

    だからといって、今すぐ、機械をすべて捨ててしまえと言っているわけではない。

    インターネットだって、機械によって支えられている。

    僕がやりたいのは、機械論に潜む暴力に気づき、機械論から暴力を抜き去って共存できる形を探したいということ。

    機械論に潜む暴力とは、自分自身になることから阻害されること。

    社会における役割(=歯車)を果たすことを強く求められ、型にがっちりとはめられていく。

    だから、その仕組みに気づいて、型をやぶっていくことができれば、自由になった魂が道具として機械を使えるようになる。

    そのために必要なことは、「正直になること」だと思う。

    正直になろうとすると、社会的な正解の外側を表現せざるを得なくなる。

    そのときになってはじめて、抑圧の存在に気づくことができる。

    ひとりで正直になっていくのはつらいし、怖いから、場を創って、その内部で正直になる。

    それを繰り返していくと、どこにいても正直にいられるようになってくる。

    僕たちは、社会から正解を押しつけられていて、正解の枠の内側をきっちりと埋め尽くすことを求められている。

    それができないと、社会人として失格だという烙印を押されるんじゃないかという恐れが蔓延している。

    だから、勇気を持って、「ちゃんとやらない」という選択をする。

    ちゃんとやるのを止めると、場のプロセスが感じられるようになっていく。

    瞬間、瞬間で起こっていることを受け止めて、そこに対して感じていることを返していくことができるようになる。

    ルネッサンス以来、反転していた時間が、もう一度反転して、本末転倒の状況が解消されていく。

    そのなかで、魂の作動によって、必然的に循環が生まれていくのが、自己組織化だ。

    今まで時間を反転させてきたことにも、きっと意味があったのだろう。

    そのことによって、多くの学びがあったはずだ。

    でも、機械論が極まってしまったことで多くの問題が生じている。

    そろそろ本末転倒を反転して、時間の流れに沿って生きることをはじめませんか?

    8月26日に、「未来の先生展」で、学びのパラダイムの反転について語りました。

    すべての根っ子は同じです。

    facebooktwittergoogle_plusby feather
  • 自己組織化エルダーワーク@オンラインやります

    8月28日~29日、「東京エルダーワーク」というイベントに参加してきました。

    1日目には、東出融さんの身体ワークと、オペラ歌手の倉原佳子さんの素粒子ボイスワークがあり、2日目には、私の「自己組織化エルダーワーク」と、映画『純愛』上映会+対話会を行いました。

    僕が、なぜ、この「東京エルダーワーク」を共同開催したかというところから、今日は、書き始めたいと思います。

    どうやったら世界のパラダイムを反転させられるか?

    311後、次々と立ち現れる問題に対して、問題を解決するのではなく、問題を作り出しているパラダイムを反転しないとどうにもならないという想いが募るようになりました。

    僕は、2012年から、「反転授業」というものに関わっていますが、これは、単なる授業改善の手法ではなく、教育のパラダイムシフトの動きです。

    8月26日には、未来の先生展の「反転ワールドカフェ」で、次のような話をしました。

    教育のパラダイムシフトについて探究を重ねていくと、同じ構造が、いたるところにあることに気づくようになりました。そして、

    「社会のパラダイムを反転させて、社会の仕組みと、自然の摂理とを一致させたい」

    と思うようになりました。

    旧パラダイムが大部分を占める社会の中で、どうやって新パラダイムの世界を創っていけるのか?

    という問いを立てて、様々な試行錯誤を重ねていくうちに、同じように社会のパラダイムを反転させるために取り組んでいる人たちと出会うようになりました。

    東出融さんは、その中の1人でした。

    はじめは、東出さんの奇想天外な話に戸惑ったのですが、自分の思考が深まって行くにつれて、東出さんとのシンクロ率が高まっていくように感じ、Zoomで対話することになりました。

    東出さんの「肚を作る身体ワーク」は、僕のやっている「魂の脱植民地化」と重なるし、

    東出さんの「鰯の大群になる」は、僕のやっている「自己組織化」と重なります。

    同じところに行き着いてきているということを感じ、東京でのコラボに繋がりました。

    東出さんの身体ワーク

    1日目は、東出さんの身体ワークを全身で受け取りました。

    肚に意識を置き、細い管を通していくイメージをすることによって肚の働きが変わっていくことを体感しました。

    後から話を聞くと、細い管が内側からめくり上がって裏返しになっていき、内側から外側へ出て行くときにフィボナッチのらせんが生じるイメージなのだとか。

    このイメージは、内側の世界と外側の世界とがフラクタルになっている世界観や、植物の形態形成に繋がるものだと思いました。

    東出さんに「腹落ちする」という身体感覚も、今まで自分自身が思い描いていたものと重なりました。上と下からやってきたものがねじが締まるような感じで組み合わさっていくような感覚だとか。これは、清水博さんに教わった「相互誘導合致」というイメージとぴったりで驚きました。それを、自分でも身体的に感じられるようになると、「理解」というものが、違ったイメージで捉えられるかもしれません。

    身体ワークの中で、東出さんの「股力」のパフォーマンスがありました。これは、腕を股に挟んでもらって、両足の動きを感じたのですが、東出さんが、頭の中のイメージを変化させることで、足が内側に回転しながら閉まっていき、ローラーに巻き込まれていくような感じでした。

    その動きをマスターするためのものがカエルポーズで、実際にやってみると、少しずつ足の付け根が内側に回転していくことが感じられるようになりました。これも、続けていることで見えてくるものがあるのだと思います。

    頭の中のイメージを変化させることで身体が変化し、身体の動きが変化することで思考が変化するという心身一如の一端を感じることができるワークで、身体の探究の貴重な入り口を教えてもらいました。

    自己組織化エルダーワーク

    1日目の身体ワークを全身で受け取り、2日目の「自己組織化ワーク」をどのようにやるか。

    一晩、考えて決めました。

    自己組織化というのは、頭で設計した秩序ではなく、自然界が行っている秩序化の働きによって集団の動きを作るというものです。

    秩序からカオス

    集団のメンバーが、自由に行動するようになるとカオスになります。

    プロセス指向心理学の創立者、アーノルド・ミンデルは、紛争こそが最高の教師だと言います。カオスを怖れるのではなく、「自由の対価」と見なして、炎の前に座り、場のプロセスから秩序が現れるように場をホールドするのが、エルダーの役割です。

    東京エルダーワークとは、カオスを怖れずに、自己組織化を起こしていくためのワークショップなのです。

    東出さんの身体ワークや、倉原さんのボイスワークは、身体を通して自己一致する感覚を取り戻していくものでした。

    僕の「自己組織化ワーク」は、教育がどのようにして「自己一致しないようにしているのか」というメカニズムを明らかにし、対話を通して自分自身と繋がっていくようなデザインにしました。

    昨年、対話を通して理解を深めていった「魂の植民地化プロセス」と「魂の脱植民地化プロセス」を言語によって理解することは、気づきを深めていくための言葉や概念を得るために有効だと思います。

    午後からは、実際にコミュニティに自己組織化が起こるためのきっかけを作ろうと思い、オープンスペーステクノロジー(OST)を行いました。

    8つほどの話し合いたいテーマが生まれ、輪になって話し合いが進みました。

    参加者からの感想

    オンライン参加ということで、前日よりも体感が乏しくなってしまうかなと心配していましたが、田原さんの自己組織化をそのベースとなったオンライン環境で体感できたということで、ある意味とても良かったと感じています。人がありのままの自分のまま、ありのままを発信してゆくことで、豊かな創造性が発揮されるという考えに、正に”腸が上がる”ワクワクを覚えました。実際のワークでは、今後に繋がる仲間との出会いがあり、その仲間と一緒に身体の神秘と自己組織化について、さらに引き続き学んでゆける可能性が広がったことに、大きな喜びを覚えました。素晴らしい機会を頂き、本当にありがとうございました。
    純愛を観る機会は今回得られず残念でしたが、今後はネットワーク上でもそうした機会が広がったら(観た後にネット上で感想シェアなど)より面白いかなと思います。

     

    初めてオンラインで話しをするということを体験させてもらいました。よくわからないままのスタートでしたので圧倒されるばかりで話の内容が頭に入らずオンラインのグループトークも話がまとまらず、先ずは自分の中のロックを解除しなければ先には進めないと実感しました。
    でも、初めての話した皆さんの思いや考えを聞いて同感したり、いろんな考え方を聞いて安心した部分もあり凄く頭を使って疲れましたが楽しかったです。ありがとうございました。

     

    田原さんのお話は、目からウロコが落ちるような気付きをいただきました。
    そして、オンラインによって色んな可能性が溢れてきますね!
    離れている人たちがネット空間に集まってミーティングやセミナーができる! 色んな状況をクリアできる、集まれる空間がある事が素晴らしいです。

    自己組織化エルダーワーク@オンライン

    自己組織化は、学ぶものではなく、起こすものです。

    イベントで話を聴くものではなく、日常の中で巻き起こすものです。

    東京エルダーワークは、そのためのきっかけ。

    自己組織化を起こすためのゆらぎの1つ。

    僕は、ここからが、本番だと考えています。

    以下の日時で、自己組織化エルダーワーク@オンライン を行います。

    日時 9月11日20:15-22:15

    場所 Web会議室Zoom

    対象 東京エルダーワークの参加者、あらえびすのサポーターさん

    東出さんが、情熱を持って起こしたい現実。1万人の雛形。

    これを実現するための助けとなる動きを生み出したいと思っています。

    未だ生まれていない「鰯の大群」という現実を生み出すのがアート。

    身体ワークも、自己組織化ワークも、それを生み出すための手段だと、僕は考えています。

    一緒に未来を生み出しませんか?

    どのようにしたら、あらえびすに自己組織化が起こるのか?

    二日間を共に過ごした僕から提案があります。

    その後、対話を行いましょう。

    自己組織化エルダーワーク@オンラインの申し込み

    ※今回は、多くの人に田原の本気のオンラインの場を体験してもらいたいので、参加費をいただきません。

    ※余力がある人は、東京エルダーワークの自己組織化エルダーワークの動画をご覧になってから参加するのがおすすめです。(見てなくても参加可能です)→ 動画視聴の申し込み

     

    facebooktwittergoogle_plusby feather
  • お互いの内側の森に種を蒔き合う

    責任と影響力

    社会構造に無自覚に過ごした20代の終わりに待っていた人生のちゃぶ台返しを経て、自分が無自覚に及ぼしてしまう権力というものに対して恐怖が芽生えた。

    男性優位社会において「男性」であり、学歴社会において「高学歴」であり、教室で教壇に立っていたりすると、それだけで、権力構造の文脈の中に取り込まれ、自分が好むと好まざるとに関わらず、自分から権力が発動してしまう。

    ヒエラルキー構造において影響力を持つということは、ヒエラルキーにおける上位のポジションを得るということと同義である。影響力は、個人ではなく「立場」から生まれ、上から下へと一方向的に伝わっていくからだ。

    ヒエラルキー構造において、「下の者」は、「上の者」に支配されることを要求される。そして、「上の者」が管理責任を持つことによって、「下の者」は責任を免除される。自分は命令に従っただけで、責任は「上の者」にあると考えることで、行為に対して責任を持たなくてもよいとされるのだ。

    このように、責任や影響力といった言葉には、機械論パラダイムの手垢がべったりとついている。

    それが極まると、アイヒマン裁判で有名なナチスのアイヒマンのように、自分がどのような行為をしても「命令に従っただけなのだから無罪である」というような責任転嫁の感覚に行き着く。

    フォアグラ型教育では、フォアグラ生産者がガチョウのフォアグラの大きさを管理し、責任を持つ。

    ガチョウは、自らの身体の管理を手放し、病気になれば、フォアグラ生産者の責任を問う。

    この構造は、学校教育を通して構築され、社会の様々な場所に浸透している。

    責任

    僕は、フォアグラ生産者として影響力を及ぼしたり、責任を取ったりしたくない。

    そして、ガチョウとして、誰かに責任を取ってもらったりもしたくない。自分の人生の責任を自分で持ちたい。

    権力を行使せずに、他人とどのように関わったらよいのだろうか?

    分断を乗り越えるためには、他人と関わる必要があるけど、影響力や責任と、どのように向き合ったらよいのか?

    そんなことを考えながら、散歩をしていたら、ある気づきが降りてきた。

    お互いの内側の森に種を蒔き合う

    僕が考えていることのすべては、言葉も含めて、すべて外側からやってきたものだ。

    いろんな種が撒かれて、僕の内側に森が繁っている。

    子どもの頃は、きっと森じゃなくて、管理された「畑」だったのかもしれないけど、今じゃ、いろんな植物が繁って森になってきている。

    対話をすると、相手からいろんな種が飛んできて、自分の森に着地し、必要に応じて発芽する。

    自分から出た種も、相手の内側の森に撒かれて、必要に応じて発芽する。

    必要が無ければ発芽しない。

    発芽するかどうかは、宇宙が決めること。

    相手を管理して、相手の内側に無理矢理に種を蒔き、思った通りに育てようとすると抵抗にあう。だからこそ、管理と権力はセットで行使される。

    権力を行使するのではなく、相手から受け取った種を、自分の内側の森で大切に育てていく。

    それぞれが、種を大事に受け取って育てていくという世界を、まず、自分が創っていく。

    そして、「あなたから受け取った種が発芽して、こんなに大きくなりましたよ。ありがとう。」と伝えていく。

    自己肯定感が低いと、自分が周りに与えている影響を認識できない。

    自分が撒いた種が、他の人の内側の森で発芽しても、それが自分の種のはずはないと思ってしまう。

    だから、ちゃんと覚えておいて、「あなたの種が、こんなに大きく育ちました」と伝えていくことが大切だ。

    感謝と共に受け取った影響を伝えていくことで、自分の持つ影響力を認識できるようになり、正当な自己肯定感を取り戻していくことができる。

    これは、そっくり自分にも当てはまる。僕も、「あなたの蒔いた種が、私の内側の森で育ちましたよ。」と伝えてもらうことがあり、そのおかげで、自己肯定感を取り戻すことができる。

    感謝を感じながら、自分の内側の森を育てていくと、多くの果実が実る。

    この果実は、自分が実らせたものではなく、多くの人からいただいた種が森を育み、豊かな土壌生態系を生み出し、森に多種多様な循環が生まれたからこそ実ったものだ。

    だから、「みなさん、ありがとう!みなさんのおかげで、こんな果実が実りましたよー。一緒に食べましょう!」と声に出すことができる。

    そして、そうやって食べる果実は、1人で食べる果実より、何百倍もおいしい。

    内側の森

    共創の世界は、とても豊かだ。

    内側の森には、いくらでも種を蒔くことができ、次々に創造のサイクルが回る。

    若い頃に教わってきた「創造性」は、個人に属するもので、それが、自分に備わっていないことが残念だった。

    でも、そうではなく、「創造性」は、宇宙に備わっているもので、自分の内側の森の存在に気づけば、誰もがアクセスできるものなのだと思う。

    分断の呪縛を解き、内側の森に、お互いに種を蒔き合っていきませんか。

    すでに現れつつある豊かな世界を、一緒に探求してみませんか。

     

     

     

     

    facebooktwittergoogle_plusby feather