成功と失敗を見届ける覚悟がLearningできる場を創る

成功と失敗を見届ける覚悟がLearningできる場を創る

 

Learningにおいて最も大切なのは、トライアル・アンド・エラーすることができる場です。

うまくいくかどうか分からない状況でチャレンジすることこそが、成長につながるのです。

だから、僕は、何かを学ぼうとするときには、ある程度のリスク管理はした上で、「危ういところ」へと突き進みます。

失敗が起こらない状況は、学びのチャンスを逸していると感じてしまうからです。

自分なら、それができるんです。

 

しかし、子どもや、生徒に対してとなると、別の難しさが生まれます。

「失敗しないで、成功させてあげたい」

という気持ちが生まれてしまうのです。

「こうやれば、うまくいく」という方法が見えてしまうということも原因の1つです。

それを伝えてあげたい。

手伝ってあげたい。

そういう気持ちがムクムクと生まれてきます。

 

しかし、それは、自分自身の「欲」なのだと思います。

なぜなら、学習者としての自分は、そのようなアドバイスを必ずしも求めていないからです。

学習者としての自分は、自分の目で、手で、体で、全力で世界にぶつかって感触を確かめたいと思っていて、成功と同じくらい、失敗も求めています。

そして、その感触から、世界を認識したいと思っています。

 

サポートしたいのであれば、失敗したときに致命的なことにならないように支援すること。

「失敗しないで、成功させてあげたい」という自分の「欲」を抑制し、きちんと成功と失敗を見届ける覚悟を持とうと思います。

facebooktwittergoogle_plusby feather
No Comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *